フィリピン名物・トライシクルが怖い!現地の乗り物をレビューしてみた

Pocket

フィリピンを訪れると日本では見たことない交通機関がありますよね。トライシクル というバイクタクシーや本当にバイクタクシーその名の通りのものとかカラフルなバスとか。

日本で見たことないし使ってみるのも勇気がいると思ったので乗り方を紹介して行きたいと思います。乗りこなすと海外旅行感満載だし交通費がかなり安いということなので後述ですがトライシクル だけは挑戦してみてほしいです。

Sponsored Link
 

フィリピンの名物交通手段・トライシクルの乗り方

 

ステップ1

・手を上げてトライシクル を引き寄せる

ここは日本のタクシーとほぼ同じですね。手を上げなくても道路脇に立っていたらトライシクル の方から声をかけられることがよくあります。

ステップ2

・行きたいところを伝える

google mapで地図を見せてもこちらフィリピンのトライシクル 業界では一般的にあまり使われていないので行きたい目的地周辺の建物名を3つか4つメモをしておくと大丈夫だと思います。トライシクル は地域密着型の乗り物なので建物名を伝えれば問題になることはなかったと思います。

ステップ3

・運転手の後ろか横のシートに座る

運転手の後ろにも座れますがたまに飛ばされそうになりちょっと怖いです。景色を楽しみたい人は乗ってもいいと思います。慣れてきたらバイクの真横の手すりにつかまってまっすぐ立ちます。外の風にが直接当たりますしオープンカー以上の開放感があります、僕は水牛に当たりそうになったことがありましたが意外とバイクは法定速度で危険だと感じたことはほとんどなかったです。

横のシートに2人、運転手の後ろに1人が基本ですね。それ以上の人数だったらもう1台トライシクル を呼ぶといいと思います。乗ろうとしたら誰かがすでに乗っているということもたまにあります。その場合は特に料金は変わらず先に乗っていた乗客はどこかで降ります。トライシクル は簡潔に言うとバスでいろんなところで降りるやつのバイク版です。

ステップ4

・到着してからお金を払う

50ペソ(100円くらい)を出すとお釣りがこないことがよくあるので20ペソ札(40円くらい)を用意しておくといいかと思います。

トライシクル に乗ると4人とか5人、場合によっては7人もたまに見かけますがフィリピンのバイクは日本製で改造してあるので結構な坂道とか問題なく登れたりします。日本にいると気がつきにくいですがフィリピンで6人くらいで乗っても坂道を登れている瞬間日本のバイクってすごいと思います。

あまりないとは思いますがマニラから少し離れた車で60分くらいのアンヘレスのちょっと外れた自然あふれる道をトライシクル で通ると水牛がトライシクル に初めから乗っていたりインドみたいに道路のすぐ脇にいたりするので日本ではなかなかない場面です。

フィリピンでのジープの乗り方

ステップ1

・ジープに乗る

フィリピンのジプニーに乗る場面は基本2パターンで街中で走っている最中のジプニーが止まっている時とジプニー乗り場の停留所から乗り込む時です。僕はジプニー乗り場の停留所からの方が安全で乗りやすいのでおすすめしています。

街中で走行中のジープが止まっている時はそのまま乗り込んで行きます。そしたら管理人のお兄さんみたいな人が1番後ろで待ち構えているのでその人に目的地をここで伝えておきます。

ジプニー乗り場の停留所をgoogle mapとかアプリで調べる時はjeepney stationと調べたら出てきます。アプリでも表示されないことが多々あるのでその時はホテルかコンビニかショッピングモールの警備員にどこに停留所があるか聞きます。大抵ショッピングモールとかどの田舎にも停留所はあります。観光とかでお土産たくさん買ってしまったよという人は人数分の追加料金を払えば多めに席が取れます。

こんな感じでジプニーの1番後ろに管理人のお兄さんが乗っています、乗り込む時にこの方に目的地を伝えておきます。

ステップ2

・降りる

途中で降りたいと思ったら天井を2回ノックすれば助手席に座っているお兄さんか一番後ろの座席に座っている管理の人が車を止めてくれます。そしたらそこまでの運賃を言ってもらえるのでお金を支払って降ります。お金を支払う時はこれがフィリピンらしいのですが乗客つてにリレーで助手席のお兄さんかジプニーの1番後ろで待機しているお兄さんに渡していきます。

行き先の場所の英文字が若干錆びてて目的地が見えにくいので僕は直接運転手に聞くことが多いです。ジプニーを使用する時の注意点として乗客の半分が埋まるまで出発してくれません、体感的には20〜30分くらい待たされます。運賃は1キロくらいで大体50円(20ペソ)だと思います。

2008年頃まで僕がフィリピンの実家のおばあちゃんに会いに行く時道が整備されておらず道を通る時砂埃が舞い上がり山の中でそこそこ深い谷があったりと破茶滅茶でした。

でもジプニーは日本の自動車の部品を一部使ってて乗客用ということもあり馬力が出るように改造されているので日本人の感覚からするとデコボコした道でも無理矢理通れたりします。改めて日本の自動車メーカーってすごいなと思いました。

Sponsored Link
 

フィリピンのバイクタクシーの乗り方や呼び方は?

 

続いてバイクタクシーですがセブ島で使いました。ここ5年くらいで最近見かけるようになったのですがセブ島にはバイクタクシーというのがあります。

呼び方はそこら中にバイクタクシーの運転手が走行しているので向こうから声をかけてくるか自分から手を上げておけば目の前で止まってくれます。

乗る時の注意点ですが足を置くところが乗り始めの時用意されていなかったりすることがあるので足を置く所を出してもらうように一声かけます。後はバイクから落ちないように運転手の背中をしっかり持ってください、日本では中々ないですね。

値段なんですがフィリピン人の知り合いと共同で乗るときは約1〜2キロ:20〜30ペソ・約3〜5キロ:40〜80ペソに落ち着くことが多いです汗。

僕だと日本人に見られているということもあり1〜2キロだと50ペソくらい(100円)支払うことが多いかなって思います汗。変に値段交渉してトラブルに巻き込まれたくないので僕は上記の値段をすぐ支払いますね。

以前だと僕を見かけるとドライバーがお!ジャパン!ジャパンと言いながら近づいてきてどこへ行きたいんだと英語で聞いてきていましたが個人的に2015?あたりからお!コリア、コリアンか?と聞かれることが多くなったと思うので時代が変わったなぁと実感しています。

セブ島でバイクタクシーを使うメリットとしては渋滞していてもバイクだと抜けられるので時間を機にする人にとっては選択肢に入るのではないかなと思います。セブ島混んでる時結構混んでるので。

Sponsored Link
 

まとめ

 

僕は一番安全で乗りやすく目的地までよほど渋滞していなければトライシクル をオススメします。ジプニーはすごい待たされるし観光客や留学生は使う場面正直ほぼないと思います。セブ島とかによくあるバイクタクシーは渋滞している時に使うといいと思います。ちょっと危ないので注意が必要です。

Sponsored Link
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました